Shy Shadow
Shy Shadow was established in 2007 by industrial designer Akira Yoshimura. As a multidisciplinary studio, Shy Shadow strives to create a wide range of products that create unexpected experiences in the realm of daily life. By designing uncommon solutions to common problems, Shy Shadow aims to promote conversation and interaction between people and the objects they use. Shy Shadow hopes to create products that can act as characters in the lives of the people who use them.


2007年設立。幅広いプロダクトを手掛けるデザインスタジオ。日常生活に欠かせない生活必需品にひねりを加え、新しい独自の世界を広げるデザインを心がけている。Shy Shadowによるデザインを通じ、人々が更に交流を深められることを願い、カルチャーや人種のハブであるニューヨークにおいて活動を続けている。

Akira Yoshimura / 芳村朗
A native of Yokohama, Japan, Akira developed his love of objects and his astute tactile sense at an early age, as he fell in love with his grandparents' collection of antique Japanese lacquered furniture, kimonos, porcelain, and earthenware. Having developed a keen interest in both Eastern and Western design and material culture, Akira chose to pursue his design education in the United States.

He received a BFA from the Rhode Island School of Design in 1999, and has given design lectures there, as well as having been a guest critic at both RISD and Parsons. Akira lives in New York City where he takes constant inspiration from the art, architecture, and design that surround him every day.

アメリカ、ニューヨーク在住。1975年、兵庫県生まれ。祖父母がコレクションしていた漆塗り家具や着物、磁器や陶器の美しさに魅せられ、デザインに興味を持ち始める。東洋と西洋のデザインを学ぶため、日本で高校を卒業した後に渡米。1999年にロードアイランド州のロードアイランド造形大学(Rhode Island School of Design、通称RISD)プロダクトデザイン学科を卒業。その後ニューヨークに活動拠点を移し、家具、玩具、パッケージなどのデザイン、レストラン内装、水洗デザインなどを経て、2007年に自身の会社、Shy Shadowを設立。デザイン業の傍ら、ニューヨークのパーソンズ美術大学、母校のRISDで講義などを行なっている。2013年5月、ニューヨークの5地区(マンハッタン、ブルックリン、クイーンズ、ブロンクス、スタッテン・アイランド)に渡って開催されたMoMA のデザインコンペ『Destination NYC』において、1000作品以上の応募から入賞作75作品に選出。ニューヨーク及び東京のMoMAショップ限定で『Cups With Bite』が販売されている。